トップページへ
メッセージ
応募するには
入賞作品

第9回「花と笑顔」こども絵画コンクールに全国から474作品のご応募がありました。
ご応募いただいたみなさん、本当にありがとうございます。

入賞された28作品をご紹介します。絵をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。


応募作品
第9回花と笑顔絵画コンクール入賞作品の発表

《小田急百貨店賞》


《福原義春賞(株式会社資生堂 名誉会長)》


《湖山泰成賞(湖山医療福祉グループ代表)》


《光文書院賞(代表取締役社長 長谷川知彦)》


《山口裕子賞(「ハローキティ」デザイナー)》



《ソラシドエア賞》



《ユメミル、チカラHTB onちゃん賞》


《本間正人賞(らーのろじー(株)代表取締役)》


《小巻亜矢賞(NPO法人ハロードリーム実行委員会 代表理事)》


《浜本敬賞(NPO法人ハロードリーム実行委員会 理事)》


《ハロードリーム賞》

田又 暖己 さん (和歌山県 8歳)
入賞作品
『ナスがピンチ』
まつ田りゅうとへ(親友)


僕はナスビがすきです。ナスビの花をみて、きれいだなと思いました。僕はワシも好きです。大好きなナスビとワシを親友にあげたいと思いました。

小田急百貨店 社長賞

ダイナミックな構図と色使いで、心を奪われました。ナスビやワシはもちろん、背景も丁寧に描かれていて感心しました。ピンチのナスビはりゅうとくんにあげるまで無事だと良いですね。

本田 昊太朗 さん (大阪府 10歳)
入賞作品
『かんしゃの花』
おばあちゃんへ


いつもおせわになっているのでかんしゃのきもちでこの絵をかきました。

小田急百貨店 社長賞

色とりどりのきれいな花束ですね。花束を持っているのは昊太朗くんでしょうか?おばあちゃん、きっと大喜びすることでしょう。とても素敵な笑顔で、見ているこちらまで嬉しくなりました。

徳永 歩弓 さん (千葉県 6歳)
入賞作品
『花の中の猫』
永吉へ(飼っている猫)


永吉をお花畑に連れて行ってあげたいと思いました。

小田急百貨店 新宿店長賞

歩弓ちゃんの一番のお友達は永吉君なんですね。嬉しい時も、悲しくなった時も、いつも永吉君が傍にいて話し相手になってくれているんですね。そんな仲良しの永吉君をお花畑に連れて行って「いつもありがとう、これからもね」と伝えたいのですね。歩弓ちゃんの絵からその優しさが伝わってきます。

藤岡 美陽 さん (東京都 7歳)
入賞作品
『1年3くみのみんな、ありがとう』
1年3くみのみんなへ


入学しきのとき、おともだちがいなくてドキドキしてたけど、おともだちができてよかった。いっぱいあそんでくれたり、たすけてくれてありがとう。うんどう会で、大玉ころがしをがんばったね。みんなありがとうとおもって、このえをかきました。

小田急百貨店 新宿店長賞

小学校に入学する時は期待と不安が一杯で、美陽ちゃんもすごくドキドキしたのでしょうね。それが3組皆と良いお友達になれて、楽しく一年間を過ごせたのですね。「お友達へのありがとう」の気持ちが、絵からとても良く伝わってきます。これからもお友達を大切にして、小学校生活を楽しんでください。

髙山 朝陽 さん (兵庫県 7歳)
入賞作品
『世界中のみんなへ花をあげるよ』
世界中の大人や子供たちへ


世界のみんなが、幸せにくらしてくれるように思ってかきました。花でうれしい気持ちにみんながなってほしいです。世界が平和になりますように。

小田急百貨店 るーちゃん賞

作品のタイトルどおり、朝陽くんの素直な気持ちが伝わってくる絵です。さまざまな国旗のもと、パレードが行われているような華やかな様子が感じられワクワクします。

松本 紗季 さん (千葉県 8歳)
入賞作品
『お花を見ながらこう茶はいかが?』


わたしがねむった後に帰ってくるお父さん、いつもやさしくてくれるお母さんが、つかれた時に、花を見ながら、こう茶をのんで、つかれをいやしてほしいと思ってかきました。

小田急百貨店 るーちゃん賞

ほっこりします。お父さん、お母さんも一日の疲れが取れ、心穏やかな時間が過ごせそうです。温かみのある色使いで、何杯も紅茶をおかわりしたくなります。

小野 心優 さん (千葉県 9歳)
入賞作品
『夜のあじさい』


福原義春賞(株式会社資生堂 名誉会長)

タイトルも作品も、当たり前でない。夜の花の美しさ、という目の付けどころが良い。

渡部 花野 さん (千葉県 9歳)
入賞作品
『お花のパレード』
ぬいぐるみのくまさんとお母さんへ


お母さんはやさしいからとてもすきで、わたしのことをやさしくそだててくれました。ぬいぐるみのくまさんは、いつもいっしょにいて、かなしい時ははげましてくれます。だから二人にこのお花をわたしたいです。

福原義春賞(株式会社資生堂 名誉会長)

バラの花の描き方が丹念で新しい。大切な人にあげたい、という気持ちが伝わってくる。

江澤 遼幸 さん (神奈川県 5歳)
入賞作品
『青い花ばたけ』
幼児村のお友だちへ


ぼくの大好きな青い色の花がたくさん咲いているお花ばたけに、幼児村のお友だちをみんなよんで、いっしょにあそびたいです。

湖山泰成賞(湖山医療福祉グループ代表)

人と花が一体となった幸せな心を感じる作品。まるで、世界の家族にその心を贈る包み紙のようです。

永田 侑哉 さん (大阪府 8歳)
入賞作品
『こすもすばたけ』
いくこねえちゃんへ


いつもおいしいごはんをつくってくれるから。

湖山泰成賞(湖山医療福祉グループ代表)

構図、色彩、無駄のない完成度の高い作品。屏風にして飾りたいくらいハッピーな気持ちにさせてくれます。

山本 凜太朗 さん (岡山県 9歳)
入賞作品
『ひまわり』
みんなへ


大きなひまわりがみんなに勇気をくれる。太陽に向かって笑っているよ。みんなもひまわりのように!

光文書院賞 (代表取締役社長 長谷川知彦)

空に近い丘の上に広がるひまわり畑。太陽の光をいっぱいに浴びた、野生のひまわりの力強さを感じます。ひまわりには、人に勇気を与えるエネルギーがあるのですね。あなたがみんなに向かっていつも笑いながら、みんなに勇気を与えているイメージが伝わってきました。これからもいつも笑顔で!

石橋 愛子 さん (千葉県 9歳)
入賞作品
『楽しいうさぎ』
家ぞくへ


うさぎが花にかこまれていて幸せな気もちをこめました。

山口裕子(「ハローキティ」デザイナー)賞

ピンク色は、優しい気持ちや幸せな気持ちにさせてくれる色です。ピンク色で笑顔いっぱいのうさぎさんを描いた愛子ちゃんのハッピーが、みんなをハッピーな気持ちにさせてくれます♪

塩田 希歩 さん (熊本県 6歳)
入賞作品
『にじいろばらガーデン』
大好きな妹へ


妹は、キャンディーが大好きです。いろいろな色のばらをかいてたら、キャンディーそっくりに見えたので、きっと妹がよろこぶと思いました。

ソラシドエア賞

とてもきれいな色づかいで、見ている私たちも幸せな気持ちになれる1枚です。キャンディーのようなばらの絵を、大好きな妹さんも喜んでくれるといいですね。

阿部 朱里 さん (北海道 5歳)
入賞作品
『ニコニコお花』
お友だちのケイくんへ


こころをこめてかきました。きれいなそらになるように、いろんないろをまぜてかきました。おかおのついているおはなは、とくべつなおはなです。ぴんくいろのちょうちょもいます。

ユメミル、チカラHTB onちゃん賞

紙いっぱいにカラフルな笑顔が満開で、見る人を楽しい気持ちにしてくれます。色づかいを工夫して、表現豊かな作品です。程よい余白がより一層お花を際立たせていて素晴らしいです。「お顔のついているお花は特別」とあります。朱里ちゃんの「特別」をそっと教えてほしいなあ。

くじ りゅうご さん (北海道 5歳)
入賞作品
『いもうとにいっぱいチューリップ』
いもうとへ


いもうとがかわいくてかわいくてだいすきだから、かわいいチューリップをいっぱいあげたいなとおもってかきました。

ユメミル、チカラHTB onちゃん賞

りゅうごくんは、妹が大好きな優しいお兄ちゃん。二人が笑顔いっぱいで遊んでいる光景が目に浮かんできます。鮮やかな色づかいもすばらしく、妹への気持ちがまっすぐに伝わってくる素敵な作品です。

𠮷田 ひより さん (北海道 4歳)
入賞作品
『チューリップ』
パパへ


あたたかいきもちをこめました

ユメミル、チカラHTB onちゃん賞

大きく咲いたチューリップと力強く伸びた葉っぱ。みずみずしい観察力が伝わる作品です。水彩絵の具のあたたかな色づかいに、ひよりちゃんの気持ちが溢れています。色彩の調和もとれていてとても美しいです。

千葉 哲弥 さん (神奈川県 4歳)
入賞作品
『虫をいっぱい捕まえるから待っててね』
友達へ


幼虫探しが大好き。笑った幼虫から手と足が出ている絵。

本間正人賞(らーのろじー(株)代表取締役)

「笑った幼虫から手と足が出る」大人からは絶対出て来ない、素晴らしい自由な発想!てつや君は、幼虫とお花をしっかり見ながら、大人には見えない世界をとらえています。この幼虫さんが空翔る蝶になるように、てつや君が大きく力強く成長する未来に期待しています。

野田 和奏 さん (愛知県 11歳)
入賞作品
『あじさい』
お母さんへ


お母さんをあじさいにたとえて、ありがとうの気持ちを込めてかきました。手は私からの感謝を表しました。

小巻亜矢賞(NPO法人ハロードリーム実行委員会 代表理事)

大切に丁寧に描いたあじさいをそっと包む手の温かさが感じられる素敵な作品です。おかあさんへの『ありがとう』の気持ちがしっかり伝わってきます。おかあさんのやさしい笑顔が咲いたことでしょう。

上野 桃果 さん (兵庫県 8歳)
入賞作品
『あじさいとにじ』
おばあちゃんへ


とおくにはなれているおばあちゃんも、えがおになってほしいという気持ちでかきました。

浜本敬賞(NPO法人ハロードリーム実行委員会 理事)

梅雨の晴間を思わせる虹のかかる青空を背景にして描かれた美しい『あじさい』、笑顔になってほしいとのモモカさんの優しい心とともに遠くのおばあちゃんにもきっと届くことでしょう。

南 陽音 さん (富山県 11歳)
入賞作品
『笑顔が咲いた!』
すべての人へ


パッと見て、笑顔になれるような花だんがあればみんな幸せになれると思ってかきました。

ハロードリーム賞(内田圭介)

口角が上がった素敵な笑顔の花壇は、見る人の心を穏やかにして、きっと同じ表情の笑顔になるのでしょうね。世界中の花壇に笑顔の花が咲き誇りますように^^!

内田 晴奈 さん (東京都 9歳)
入賞作品
『色とりどりのチューリップばたけ』
ママへ


花たばよりもっとたくさんの花をママにあげたいな。

ハロードリーム賞(衣笠徳子)

とにかくお花の絵が綺麗で美しかったです。 「花と笑顔」なんだけどな、と思い晴奈さんのメッセージを読んで、お母様への大好きな気持ちが伝わって来て、思わず私が笑顔になりました。 お花畑のこの素敵な絵で、きっとお母様も笑顔になれらてるでしょうね。

三宅 心菜 さん (広島県 5歳)
入賞作品
『えがおはさいこうだよ』
パパとママへ


パパとママのあいだにわたしがいるよ。パパとママがいつもなかよく、ニコニコおはなししているとわたしもうれしくなるよ。これからも、えがおのおはなをいっぱいさかせたいなあ。

ハロードリーム賞(久保雅美)

とても仲良しで笑顔が素敵な心菜さんのパパとママ。心菜さんがそんなパパとママのことが大好きなのが伝わってきて、私まで笑顔になりました!

片岡 佑斗 さん (東京都 4歳)
入賞作品
『にこにこライオン』
ライオンへ


いつも怖いライオンにお花をあげたら、喜んでにこにこライオンになるかな?

ハロードリーム賞(小室早紀子)

百獣の王ライオンだって、地獄のえんま様だって、へそ曲がりの悪魔だって、怒ると怖〜い人だって、裕斗さんがにっこり笑ってお花をあげたら、どうなるかな??笑顔になるなる、なるにきまってら!!そう確信しちゃう絵が描けましたね。

福田  隼士 さん (山口県 5歳)
入賞作品
『また おさんぽいこうね』
おねえちゃんへ


おねえちゃんは、おはながだいすき。ぼくは、むしがだいすき。おそとがふたりともだいすき。また、おさんぽして、きれいなおはなとむしさんをみつけたいな。

ハロードリーム賞(浜本敬)

おさんぽ大好きなおねいちゃんとジュンジくんがトトロの『さんぽ♪』を歌いながらむしさんも遊ぶお花畑を仲良くさんぽする元気な姿が目に浮かびます。

片岡 郁登 さん (岡山県 11歳)
入賞作品
『ひまわり』
お母さんへ


ひまわりのようなお母さんへ。いつも見守ってくれてありがとう。

ハロードリーム賞(福薗ちよこ)

大きなひまわりのようなお母さんに見守られている様子が伝わってきました。これからも、たくさんの笑顔に包まれながら、ひまわりのように大きく成長して欲しいです。

西田 優飛 さん (千葉県 8歳)
入賞作品
『花の上であそんでいるぼくたち』
ともだちへ


友だちといっしょに大きな花の上であそんだらとってもたのしいだろうなと思ってかきました。

ハロードリーム賞(福田里美)

お友だちと大きなお花の上で遊ぶなんて、とっても楽しそうですね!大きな笑い声が今にも聞こえてきそうです。黄色、赤、ピンク、明るいお花が元気に咲いた中で弾ける笑顔に、お友だちのことが大好きなのが伝わってきます。これからも、お友だちと仲良くたくさん遊んでくださいね!

山本 達也 さん (岡山県 10歳)
入賞作品
『花のリレー』
世界中のみんなへ


私からあなたへ。そして花で人がつながっていく。白人も黒人も関係ない。差別も戦争も花の力でなくしたい。そして平和な世界へ。みんなを笑顔に。

ハロードリーム賞(宮崎真芸子)

優しいお花のバトンです。世界中でお花のリレーができますように。笑顔の輪が繋がりますように。絵を観たら、近くにいるあの人に1輪のお花のバトンを渡したくなりました。ありがとう。

田中 悠真 さん (東京都 6歳)
入賞作品
『担任の愛子先生へ』
愛子先生へ


僕のクラスは新任の先生です。僕も小学校に入学したばかりでまだ緊張しているけど、先生もきっと緊張しているだろうな。愛子先生にお花の絵をプレゼントして喜んでもらいたいなと思い心を込め一生懸命書きました。

ハロードリーム賞(立教大学インターンシップ生 高坂 栞)

悠真くんが愛子先生を大好きな気持ちがとてもよく伝わってきました。先生の笑顔と可愛らしいお花が素敵です。小学校で先生やお友達とたくさん思い出を作ってくださいね。



▲TOPへ